不妊とは?

どこから不妊というのか?

不妊」とは、健康な男女において定期的な肉体関係があるにも関らず妊娠しない状態をいいます。

そのボーダーラインとなるのは2年
通常であれば、1年約8割の男女に妊娠が認められ、2年9割近くが妊娠するといわれています。

その残り1割が不妊となるわけですが、今現在では6組中に1組は不妊であるとまでいわれており、その治療の重要性が注目されるようになってきています。

不妊に悩む男女数は減るどころか増えていく一方で、その原因は結婚時期の高齢化子宮内膜症といった病気の影響、そしてストレスED(勃起障害)セックスレスといったことが挙げられています。
このことからも、不妊は女性だけでなく男性が原因となってしまうこともあることがわかります。

不妊というと、さも女性の方に問題がありそうなイメージがありますが、実は男性に原因があっての不妊も同じように起こっているのです。
WHO(世界保健機関)がおこなった調査では、女性に原因があるのが約40%男性に原因があったのが約25%男女共に原因があったのが約25%、そして残りが原因不明といった結果がでているほどです。
この数値からも、決して男性側による不妊の可能性がないともいえないのです。

上記の件からも、「不妊の原因が不明」といったものがありますが、もともと不妊の原因を特定するのはとても難しいのです。
妊娠するための行為の過程において、どこか一つでも不具合がおこれば妊娠は成立しません。
それは原因を調べるための不妊検査をしても、なかなかわからなかったりするのです。

トップへ戻る