不妊治療の病院を選ぶ際の注意点

不妊治療の為の病院選びはここに注目!

不妊治療をおこなうクリニックや病院が増えてきたのはいいことですが、どこで受診するのがよいか大きく悩むところとなります。

デリケートな問題でもありますので、選ぶ際にはしっかりと情報収集し慎重に選ぶようにしましょう。
なにせ、治療にかかる時間はどれくらいなのかわからないのですから…。

治療に通う期間は短くても半年といったところですが、そういった人達はそう多くはありません。逆に数年通うことの方が多いので、最初の段階でしっかりと自分に適した病院を選ばないと、あとあと後悔することもあるのです。

信頼できる病院を選ぶように、下調べはしっかりとおこないましょう。
また、情報の一つとして、口コミなどの世間の評判も参考にしておくといいです。

そして、病院を選ぶ際には、不妊治療ならではのチェックポイントというのがあります。
次のことは最低限でもチェックしておくようにしましょう。

●不妊治療としては一体どんな治療方法を採用しているのか?また、専門(得意)とすることはあるの?

不妊治療を専門としておこなっている施設は、昔に比べれば増えていますが、まだまだ少ない状態です。もし、近くに不妊治療専門がなければ、不妊外来のある産婦人科や大学病院なども候補として調べてみましょう。

●病院の評判は?

病院のパンフレットには載っていない、リアルな言葉は知っておいて損はなし。
しっかりと調べておきましょう。意外なことがわかるかも…しれません。

●待合室はどうなっているか?子ども連れの人(二人目不妊)とは別なのか?

治療をしていて一番辛いのが、子供の無邪気な姿です。
普段の生活でみるのであればまだしも、ナーバスになってしまいがちな病院内で子どもの姿をみるのは辛いものがあります。
また、産科と同じ待合室だと、妊婦さんと一緒にいる時間が長くなり、それはそれで辛いもの。できれば子どもの姿が見れないようになっているところを選ぶといいでしょう。

上記は情報からの判断となりますが、もし無料カウンセリングをおこなっているところがあれば、それも受けてみましょう。
その際には、以下のことをチェックします。

●医師や看護婦、受付けの対応は丁寧にできているか?

長いお付き合いになるかもしれないので、相性が合うところにするのは必須。
もし、相性の悪さを感じるようであれば、その時は早めに転院することも検討したほうがいいです。
ストレスは治療の成果を妨げますので、いかにリラックスして受診できる、信頼できているかで選ぶようにします。
また、大学病院といった大手の病院では、担当が入れ替わる事もあるので注意が必要です。

●自宅から無理なく通える、もしくは交通が不便ではないか?

たとえどんなに素晴らしい病院でも、通院するのに不便なところでは大変。
長い治療となりそうな場合は特に考える必要があります。

これらの事に注意し、全てクリアーしている病院であれば、たとえ長い治療生活になったとしても、心強い味方でいてくれる可能性が高いといえるでしょう。

待ち時間が長いのは覚悟する

たとえ予約をいれていたとしても、数時間といった待ち時間が出来てしまうのは普通の事。
すんなりとスムーズに終わるのは少ないと覚悟しておいたほうがいいでしょう。

不妊治療は手探り状態、つまりは個々にあわせたオーダーメイド医療でもあります。
ですから、その診察にも時間がかかってしまうのです。初診ほどかかる時間は長くなっています

待ち時間を減らすとなると、それなりの人数制限か診察も雑に終わらせるしかありません。
誰もがじっくりと診察してほしいと思っているのですから、ある程度の待ち時間は我慢。
逆に言えば、それだけしっかりと話を聞いてくれる、または治療について詳しく説明してくれる…という解釈もできます。

トップへ戻る