不妊治療にかかる費用

不妊治療にかかる費用

不妊治療は、治療方法や赤ちゃんができるタイミングにもよりますが、長期的に取り組みお金のかかるものとして考えられます。
これから不妊治療に取り組む人にとって、大きな不安要素ですが、まずはどれくらい費用がかかるのかを把握しておきましょう。

治療方法による費用

タイミング法:一部保険適用。排卵日予測、排卵チェックなど。検査や薬の種類によって差がある。5,000円〜20,000円/月。

人工授精:保険適用外。精子を子宮内に直接注入して受精させる。1回5,000円〜20,000円(平均15,000円程度)。排卵誘発剤など部分的に保険適用有り。

体外受精:保険適用外。子宮から取り出した卵子と精子を体外で受精させて子宮に戻す。1回10万〜50万。

顕微授精:保険適用外。体外受精を顕微鏡で見ながら行い、卵子に直接精子を注入する。1回30万〜50万。

下へいくほど費用は高くなり、治療は複雑になりますが、その分確率は高くなります。
なるべく自然に妊娠できるのが一番いいですが、タイミング法は期間が長くなるほど費用がかさみます。

人工授精の妊娠できる確率は1回10%未満ですが、1回で妊娠する場合もあれば10回受けてもできない場合もあります。
必ずしも、回数を増やせばその分確率も比例するというわけではないので、5回程試して難しいようなら、体外受精も試してみることが良いようです。

そして、体外受精の確率は20〜40%とかなり高くなってきます。しかし、ネックなのは年齢で、自然妊娠と同じように高齢になるほど確率は低くなっていきます。
体外受精や顕微授精は1回の費用が高く、試してみるのに敷居が高いかもしれませんが、できるだけ若いうちに始めるのが効果的です。

費用に関しては、体外受精と顕微授精なら助成金を受けることができます。この制度にも年齢制限があるので、不妊治療を始めるにあたって早めに検討してみましょう。

不妊治療にかかる総額

不妊治療にかかる費用の総額は、治療の回数や期間によって異なるので一概には言えませんが、平均を知ることで計画を立てる参考になりますね。
期間による総費用をおおまかに平均すると以下のようになります。

*1年未満:50万円以下
*1年〜2年:50万円
*2年〜3年:100万円
*3年以上:150万円〜

実際にかかった期間や費用を平均すると、大体2年強、140万円程度になります。

費用を抑えるために

病院にかかる通院費や治療費はどうしようもない部分ですが、不妊治療にかかる費用を少しでも抑えるために、自分でできることもあります。

●国や自治体の助成金制度を利用する。
●不妊治療専門のローンを利用する。金利を低く抑えられます。
●漢方や栄養療法を取り入れて妊娠しやすい体をつくる。
●体を冷やさず、しっかり睡眠を取り、ストレスを溜めない。

妊娠しやすい体や環境を作るのは自分にしかできないことでもありますね。

トップへ戻る